敏感肌でも照射することはできるの?

敏感肌・乾燥肌でも照射できるの?

生まれつき肌が敏感な方や弱い方でも施術を受けることが可能です。

乾燥肌・敏感肌の人は肌荒れが原因で、あえてムダ毛処理回数を、

減らしている人も多いのではないでしょうか。

カミソリなどで自己処理を行うと、そのたびに肌が傷つき、

肌荒れや乾燥がひどくなってしまう可能性が高まります。

肌荒れが原因で、あえてムダ毛処理回数を減らしている人もいるのではないでしょうか。

医療脱毛で行われるレーザー脱毛は肌への負担が少ないこと、

危険の伴う自己処理から半永久的に解放されます。

敏感肌や乾燥肌で悩んでいる人こそ医療脱毛をした方がお肌にいい事がたくさんあるのです。

エーレクリニックでは担当の看護師が患者様お1人お1人の肌をしっかり確認して

患者様にあう安全なパワーにて照射していきます。

また、医師も在籍している為、万が一照射後肌トラブルが起きた場合などにもしっかりと

 

対応できる為、安心して通っていただくことができます。

炎症が起きている場所や傷口などは避ける場合があります

敏感肌や乾燥肌の方が施術を受けることは可能ですが、出来ない場合もあります。

赤みの強い傷や、出血、乾燥が強い場合は、照射を避けさせていただく場合がございます。

患部を照射することで、赤みが増したり、照射後さらに乾燥が進みやすくなる為、

乾燥によって痒みが増すなどのリスクを考慮し避ける場合もあります。

季節の変わり目などは肌トラブルが出現しやすい時期になる為、

脱毛をする時期と肌の状態を確認し、炎症が強い場合は落ち着いてから照射することをお勧めします。

自己処理を行うことで肌トラブルになりやすい

自己処理を行うことで肌のバリア希望が低下し、乾燥や痒みなどが出やすくなります。

除毛クリームや毛抜きでムダ毛を抜いたりする方法は、

自己処理の中でも肌に与えるダメージが大きいです。

レーザー照射前には全身のシェービングが必要になるので、

電気シェーバーを使用するなど、肌への負担を最低限にしましょう。

敏感肌・乾燥肌の方が脱毛前後行う対策

乾燥肌や敏感肌の方は普段から肌トラブルが起こると思います。

脱毛後は肌が敏感になるので赤みなどの症状が出る場合があります。

赤みなどがでた際の対策や症状が出ない為の対策をご紹介します。

施術後赤みが発症した場合

照射後に赤みや、痒み、ひりつきなどの副反応が出ることがあります。

肌トラブルがでた場合は保冷剤などで患部を冷却することで、

血管が収縮し赤みや痒みなどが軽減します。

掻いてしまうと跡として残ってしまったり色素沈着してしまうこともあるため、

冷却して防いで行くことが重要です。

脱毛期間中はたくさん保湿をしましょう

脱毛による痛みや、肌トラブルの原因のほとんどは肌の水分量の低下だと言われています。

水分量の少ない肌は、バリア機能が低下し、脱毛の刺激を受けやすい状態になっています。

一方、保湿ケアをしっかりと行った肌は水分量が多くバリア機能も高いので、

脱毛による刺激から肌を守ることが出来ます。

その他に、十分潤いがある肌には脱毛効果を高めることも期待されています。

肌の乾燥が強い場合は、照射中に熱さを感じやすくなったり火傷のリスクも高まる為、避ける場合があります。

照射後の肌トラブルを回避するためにもたっぷり保湿しましょう。

特に敏感肌・乾燥肌の方は保湿をすることで、

脱毛効果をより受けやすくなると言われています。

脱毛による乾燥を抑えて肌トラブルのリスクを回避するために、

脱毛期間中は保湿ケアを心掛けましょう。

エーレクリニックでの無料カウンセリング時に・・・

 エーレクリニックではご契約する前に照射後の肌トラブルでご不安がある場合は、

テスト照射を行う事も可能ですので無料カウンセリングの際にお声がけ下さい。

テスト照射を行う事で実際のお痛みや肌の状態を看護師によって確認させて頂きます。

テスト照射後に肌トラブルが出た場合も医師が対応致しますのでご不安であればお気軽に相談ください。

脱毛のご経験がなくご不安かと思いますがエーレクリニックの無料カウンセリングにて、

不安を解消して一緒にキレイになりましょう。ぜひご予約お待ちしております。

おすすめ記事