医療脱毛後の肌のかゆみの原因と予防策とは?

かゆみの原因とは?

脱毛後にかゆみが起こる原因はいくつかあります。

まず、脱毛によって肌が乾燥してしまうことです。

脱毛は少なからず肌にダメージを与えてしまいます。照射することで熱が加わり、

肌の水分が失われます。そのため、脱毛後にケアをせずに放っておくと、

肌が乾燥してかゆみを発症してしまうケースが多いのです。

また、脱毛によって乾燥しがちな肌に、衣類による刺激が加わることで

痒くなる場合もあります。摩擦が続くと肌のバリアの機能が低下し、

かゆみが強くなる場合があります。

かゆみを軽減させる予防法とは?

かゆみを軽減させる予防法としては、

体温が上がるような行為をしないことがあげられます。

例えば、飲酒や激しい運動、入浴などは体温を上げてかゆみを

悪化させる原因になります。

脱毛前後には、飲酒・過度な運動を避けるようにしましょう。

また、肌に負担がかからない衣服を着ることも予防法になります。

肌に触れるような下着、衣服は天然素材のものを使うといいでしょう。

また、締め付けの強い下着も刺激になりやすいので要注意です。

締め付けの少ない下着や衣類を選ぶことでかゆみを事前に防ぐことが出来ます。

かゆみが出た場合はどうすればいい?

脱毛後にかゆみが起こってしまったらきちんとケアすることが重要になります。

どのような対処法を取れば良いのか見ていきましょう。

冷やす

濡れたタオルや乾いたタオルで包んだ保冷剤でかゆみが

出ている患部を冷やしましょう。

肌を冷やすと皮膚の内部にたまった熱が冷まされ、

かゆみの軽減につながります。タオルや保冷剤は、

やさしく肌にあて、冷やしすぎには注意しましょう。

保湿する

化粧水やボディローション、オイル、クリームなどで肌を保湿しましょう。

化粧水で水分を補給したあとに乳液やオイルなどで

水分を閉じ込めるようにするのがおすすめです。

医療脱毛施術後は、

外的刺激から肌を守る「バリア機能」が一時的に低下し、

水分が不足して乾燥している状態です。

肌を保湿してバリア機能をサポートすると、

かゆみの軽減につながります。

肌を清潔に保つ

肌を清潔に保つことも大切です。

脱毛後の肌は敏感で、毛穴に菌が入りやすくなっています。

清潔に保つことで菌が入りこむことを防ぐことが出来ます。

汗をこまめに拭くといったことを心がけましょう。

かゆみが長引く場合は?

医療脱毛後のかゆみは、冷やしたり保湿したりすると

一般的に数日程度で治まります。

しかし、1週間以上かゆみが長引くようであれば

クリニックに連絡をして医師の診察を受けましょう。

また、施術後の毛穴に赤い発疹、またはニキビのような

ぶつぶつができている場合、毛嚢炎の可能性があります。

毛嚢炎は色素沈着につながるリスクがあるため、

症状が出たら早めにクリニックに相談して

診察を受けるようにしましょう。

エーレクリニックでは皆様に満足して通って頂くために、

どんな疑問にもお答えします。

この機会にぜひエーレクリニックの無料カウンセリングへお越しください。

おすすめ記事