剃刀負けがあっても照射できる?照射時の対応と適切なセルフケア

剃刀負けとは?

剃刀でシェービングした後に肌に起こるトラブルが、剃刀負けです。

剃刀負けには、剃った後、肌がかゆくなってしまったり、痛くなったり、あるいは出血してしまったりと様々な症状があります。

なかには、ブツブツのようなものができてしまうケースもあります。

このような、剃刀のお手入れで起きてしまうトラブルを総称して剃刀負けと言われています。

剃刀負けは、肌が弱い人がなるというものではなく、皮膚が丈夫そうな人でも起こる可能性があります。

剃刀負けの原因はバリア機能の低下

剃刀負けは、剃毛時に肌の角質まで削ってしまい、肌が傷つくことが原因で生じます。

また、剃毛後に適切なスキンケアを行わないと、肌が乾燥して剃刀負けになってしまうこともあります。

角質層が削られると、肌を保護するバリア機能が低下し、外部からの刺激でひりつきを感じたり、出血したりするなどの症状が出ます。

そして、さらに症状が悪化すると、埋没毛や毛嚢炎、色素沈着を引き起こすこともあるので、剃刀負けには要注意です。

剃刀負けによって起こる可能性がある肌トラブル

剃刀負けで起こる可能性がある肌トラブルには、どのようなものがあるのかご紹介します。

埋没毛

埋没毛は、毛穴が皮膚で塞がれてしまい、毛が皮膚の外に出ることができず毛穴のなかで成長してしまうことをいいます。

剃刀による剃毛で肌が傷つくと、角質が厚くなって毛穴がふさがれてしまい、埋没毛となってしまうのです。

毛嚢炎

毛嚢炎は、毛穴やその周辺が炎症を起こしている状態です。

剃刀による自己処理で皮膚が傷つくと、肌の免疫力が低下し、細菌が増殖して炎症を起こしてしまいます。

色素沈着

剃刀で角質層がそぎ落とされると、皮膚の内部では外部の刺激から肌を守るためにメラニン色素が生成され

シミや色素沈着となってしまう場合があります。

剃刀負けした肌はレーザー照射できる?

エーレクリニックでは、基本的に剃刀負けした肌も照射可能です。

ただし、照射することで一時的に肌の赤みが増したり、正常な状態の肌と比べると、

やけどのリスクが少なからず上がってしまう可能性があります。

皮膚の炎症が強く、かゆみを伴ったり、赤くただれていたりするような症状が出ている場合は、

看護師の判断のもと、患部を避けてレーザーを照射するなど、患者さまの肌状態に合わせて施術を行わせていただきます

剃刀負けした後のセルフケア

剃刀で剃毛した肌は、いつもよりデリケートです。

肌トラブルを予防するためには、化粧水やクリームを使ってしっかりと保湿することが大切です。

普段からしっかり保湿を行えば、脱毛施術時にレーザー照射による痛みを感じにくくなります

また、少し赤みが出ている場合は、市販の切り傷、擦り傷用の塗り薬を使うなどして肌を保護しましょう。

それでも痛みやかゆみなどの症状が続いたり、ひどくなったりするようであれば皮膚科に相談するようにしてください。

剃毛で肌を傷つけないためには

脱毛の前には必ず照射部位の剃毛が必要になります。

しかし、剃刀でのお手入れは肌トラブルを引き起こす可能性が少なからずあります。

毛の流れに沿って剃毛することや、剃刀を持っていない方の手で軽く引っ張りながら剃毛すること、

剃毛の前に肌を清潔にすることで、肌トラブルを軽減できる可能性があります。

また、摩擦を防ぐためにもシェービング剤やクリームを多めに塗布してください。

エーレクリニックでは敏感肌の方でも受けることが出来る、蓄熱式脱毛機を使用しています。

随時、無料カウンセリングを行っていますので、心配な事があればご質問下さい。

おすすめ記事