女性に大人気のハイジニーナ脱毛とは?

脱毛の「VIOライン」って?

VIOラインとは、VラインIライン、Oラインを合わせた言葉です。

この部分の脱毛は、「ハイジニーナ脱毛」

「デリケートゾーン脱毛」とも言われます。

ここでは、それぞれの部位の場所や人気の形を紹介します。

Vラインとは

Vラインとは、デリケートゾーンの上部のことで、

ちょうど正面から見える、三角形の部分になります。

VIOラインの中では、毛が太い方で、深剃りしすぎると肌荒れを起こしやすいところ。

また、範囲も広いので、どこまで剃ればいいのかわかりにくく、

自己処理をしてしまうと失敗してしまうことも多いようです。

Iラインとは

Iラインとは、Vラインの下の脚の付け根の部分に沿ったところで、

ヒップの手前までを指します。医療脱毛を利用することが最初は恥ずかしいと感じる人もいますが、

脱毛をすることで、細菌の繁殖を抑えられ、綺麗な状態をキープすることができます。

Oラインとは

Oラインとはヒップ周りのことで、見た目がOの形をしていることからそう呼ばれています。

Iラインと同様に、自分では確認しにくく、自己処理がしづらい部位でもあります。

ここに生えている毛には排出物や経血などが付きやすく、ニオイも気になりがちです。

また、清潔に保つのが難しく、無理にカミソリなどを当てると、

ヒップを切ってしまうリスクがあるのでクリニックで、プロに任せるのがオススメです。

アンダーヘアの人気の形って?

VIOの医療脱毛のメリットとして、自己処理が難しく形の整えにくい部位の

毛の量や形の調整をプロに行ってもらえることが挙げられます。

ここでは、最近人気のハイジニーナ脱毛について紹介します。

ハイジ―ナって何?

デリケートゾーンはVライン、Iライン、 Oラインの

3つに分けられます。

ハイジニーナとはこのVIOの毛を全て脱毛し、

無毛状態にすることをいいます。

ハイジニーナは女性に大人気!

最近では、20〜30代の女性の約7〜8割がアンダーヘアの処理を行っており、

20代では6割以上がハイジニーナを希望しています。

一昔前は、「温泉やプールで人に見られた時に恥ずかしい。」と

ハイジニーナを躊躇する人も少なくなかったのですが、

最近ではハイジニーナを経験する人が増え、

周りの友達やSNSなどからの情報も多くなり、

一般的にハイジニーナへの抵抗感がなくなってきています。

ハイジニーナのメリットとは?

・下着や水着から毛がはみ出す心配がなくなり、幅広いファッションが楽しめる。

・生理時の不快感ムレニオイかゆみが軽減する。

排泄物や経血の付着による衛生上のトラブルが軽減する。

・自己処理による肌トラブルが無くなる。

日本と海外の違いはあるの?

日本では脇や腕のムダ毛を剃ることは当たり前になっていますが、

欧米などの海外では脇のムダ毛よりもVIO部分を優先して、

脱毛している女性が多いのが現状です。

海外ではハイジニーナ脱毛をしなければ清潔感に欠けるとされ、

VIO脱毛することがエチケットと考えられています。

ハイジニーナはどの年齢の方にもオススメ!

ハイジニーナの唯一のデメリットといえば、「恥ずかしい」ということですが、

今やその意識も世間的に薄れてきています。

ハイジニーナを経験した人の意見として、

「恥ずかしいのは最初だけで、この快適さを経験したらもう戻れません。」

というのをよく聞きます。

今後はより、海外のようにVIO脱毛が一般的になっていくことが予想されるので、

若い年齢からハイジニーナにしておくのもおすすめですよ。

また、介護脱毛もどんどん広まってきていますので、

どの年齢の方にもハイジニーナおすすめです。

ご不安や疑問点などございましたらお気軽にエーレクリニックにご相談ください。

 

 

おすすめ記事