医療脱毛中の脱毛クリームは危険?脱毛クリームのメリットとデメリット

脱毛クリームとは?

ドラッグストアなどで購入できる「脱毛クリーム」を使った

ムダ毛処理は、自己処理の定番の一つです。

しかし、クリームを使った処理は、

肌に大きなダメージを与えることはご存知でしたか?

今回は、脱毛クリームのメリットとデメリットと、

脱毛前の自己処理について解説します。

脱毛クリームを使った処理は脱毛ではない?

一般的に脱毛クリームと呼ばれているものには、脱毛効果はありません。

脱毛クリームというものは、ムダ毛が気になる箇所にぬり、

時間がたったらシャワーで洗い流すだけという簡単なものです。

ですので、クリームの効果は、

「脱毛」ではなく「除毛」にあたるのです。

除毛クリームのメリット

除毛クリームの一番の魅力は、その気軽さです。

ドラッグストアでも購入できるので、学生さんでも気軽に使えます。

また、表面に出ている毛が溶けたあと、

毛穴に残った毛の毛先は丸くなるので、

伸びてきた毛がチクチクしないという利点もあります。

除毛クリームのデメリット

最も深刻なデメリットは、肌へのダメージが大きいことです。

毛のタンパク質を溶かすアルカリ成分は、

肌のタンパク質にも刺激を与えます。

肌が弱い人は、ピリピリとした痛みを感じるかもしれません。

毛穴へのダメージも大きいため、

毛穴の黒ずみにつながる場合もあります。

また、刺激による肌荒れで色素沈着を起こしてしまう可能性もあります。

除毛クリームの効果は一時的なため、

繰り返し処理し続ける必要があり、

結果的に時間とコストがかかってしまうこともデメリットといえます。

施術前は自己処理で脱毛クリーム使用しても良い?

医療脱毛の施術前は、肌トラブルのリスク

軽減するために毛の自己処理を行う必要があります。

ご自身で自己処理していただく必要があるのですが、

除毛クリームは使用しないようにしましょう。

除毛クリームは、ムダ毛ばかりではなく、

肌にもダメージを与えやすいのです。

また、医療レーザーにも反応しなくなってしまうので、

脱毛期間中の除毛クリームの使用は避けるようにしましょう。

他にも、脱毛期間中の自己処理方法として、

注意点がいくつかあります。

毛を抜く

除毛クリームと同様に、毛抜き等で毛を抜いてしまうと、

医療レーザーに反応しなくなってしまう為、

脱毛効果が発揮されなくなってしまいます。

また、毛根から毛を抜いてしますと、

毛周期が乱れる原因になりやすく、

毛周期に合わせた適切な施術スケジュールを

予定しても脱毛効果を得にくくなってしまうとされているのです。

T字カミソリの使用は注意

T字のカミソリは肌への摩擦が強い為、

必ずクリームなどを使わないとカミソリ負けしやすい

傾向にあります。深剃りにできるからツルツルにしやすい、

という声もありますが、その分肌まで傷つけてしますことが多いため

脱毛前の自己処理では優しく剃れるものを使うのがおすすめです。

オススメはクリニックで行う医療脱毛

脱毛を考える人の中には、次のような不安や要望を持っている人も

いるのではないでしょうか。

「もともと肌が弱いので、除毛クリームでの処理は肌荒れが起きそうで怖い」

「まだ肌が弱い子どもがムダ毛のお手入れをしたいというけど、

除毛クリームではなく、より安全な方法を考えたい」

そのような人は、看護師が施術を行う医療脱毛がオススメです。

エーレクリニックでは、皆様に満足して通っていただくために

どんな疑問にもお答えします。

この機会にぜひエーレクリニックの無料カウンセリングへお越しください。

おすすめ記事