ムダ毛の自己処理は何を使ったらいい?

ムダ毛自己処理に使用するもの

脱毛施術のご予約をいただいている患者様には、事前に(前日〜当日に)自己処理をして来て頂いているのですが、

よく「何を使ったらうまく剃れますか?」とご質問があります。

自己処理(シェービング)アイテムには主に電動シェーバーとカミソリがありますが、

それぞれの使い分けについてご説明していきます。

カミソリ

カミソリは、太く硬い毛(VIO・脇・ヒゲなど)に使用するのがおすすめです。

電動シェーバーで太い毛を剃ろうとしても、綺麗に剃れずに剃り残しになってしまいます。

また、太い毛に対して電動シェーバーを使い続けているとすぐに刃がボロボロになってしまうんです。

また、カミソリにはT字とI字(L字)があるのでそれぞれの特徴を説明していきます。

T字カミソリ

自己処理に慣れていない方におすすめなのが、T字カミソリです。

T字カミソリは広い面を剃るのに向いています。さらにT字カミソリにも大きい(普通)サイズと小さいサイズがあります。

より綺麗に安全に剃るのであれば、毛量の多い部分は大きいサイズ、毛量が少なく狭い部分には小さいサイズを使い分けるのがおすすめです。

I字(L字)カミソリ

T字カミソリで太くて毛量の多い部分を剃り続けていると、毛が絡まってしまって剃りづらくなる事があります。

その点I字カミソリなら毛が絡まらないのでストレスなく剃り続けることができます。

ただ、先端の刃が剥き出しなので、ある程度自己処理に慣れた方におすすめです。

I字カミソリにも大小サイズがあり、T字カミソリ同様に使い分けができます。T字カミソリよりも細いので、より狭い範囲に使いやすいですよ。

カミソリを使う時の注意点

カミソリを使用する時に、特に気を付ける事についてご紹介します。

明るい部屋で剃る

手元が見えずらい状態でのカミソリの使用は肌を傷つける可能性があるのでとても危険です。

必ず、明るい部屋で使用しよく手元を確認しながら剃毛しましょう。

皮膚を軽く引っ張りながら剃毛する

特にVIOなど自分では見えにくい部位を剃る時は、

一気に剃ろうとせずに少しずつ皮膚のシワを伸ばしながら行いましょう。

Iラインは、手をピースサインの形にして軽く引っ張りながら剃毛すると剃りやすくなります。

シェービング剤を使用する

何もつけずにカミソリを使用すると、摩擦で肌を傷つける可能性があります。

専用のシェービングジェルやシェービングクリームを使用することで

肌への負担を軽減させることができます。

電動シェーバー

カミソリに最適な部位をご紹介しましたが、それ以外の部位には電動シェーバーがおすすめです。

カミソリよりも力を入れずに剃れるので、お肌を傷つける心配が少なく、よりスピーディーに剃れます。

電動シェーバーを使う時の注意点

電動シェーバーを使用する際に、特に注意した方が良いことについて紹介します。

ヘッドを強く押し当てない

深く剃りたいからと言って、ヘッドを強く押し当てて剃る方がいますが、

これは電動シェーバーによる肌トラブルの一番多い原因です。

ヘッドは軽く押し当てる程度にして、ゆっくり動かすことを意識しましょう。

使用後にメンテナンスする

電動シェーバーはカミソリよりも簡単に使用できます。

一度使用後に電源を切り、次回そのまま使用するという方も少なくありません。

しかし、刃には雑菌や皮脂が溜まっており、雑菌の繁殖につながる恐れがあります。

汚れた刃でのムダ毛処理を続けると、小さな傷から菌が入り炎症を起こしかねません。

使用している電気シェーバーに合うお手入れを行いましょう。

剃り残しのない方が脱毛効果は高くなる!

毛が伸びている状態(剃り残し)だと、本来レーザーを届けたい部分に十分なパワーが伝わらないので効果が下がってしまいます。

また、剃り残しのまま照射してしまうと、皮膚の表面で毛が焦げて、

ひどい場合には火傷のような状態になってしまうこともあります。

ぜひ今回の方法を参考にして、自己処理に挑戦してみてくださいね。

エーレクリニックでは、うなじ、背中、Oラインの剃毛を無料でお手伝いいたします。

それ以外の照射部位の剃毛をおこない、ツルツル肌を目指しましょう。

おすすめ記事