脱毛期間中の肌に負担をかけにくい自己処理方法とは?

脱毛期間中の肌に負担をかけにくい自己処理のポイントとは?

医療脱毛は、毛に含まれる色素(メラニン)に反応します。

毛が伸びた状態で施術を受けると、

皮膚表面にもレーザー照射時に発生する熱が伝わり、

火傷する可能性があります。

そのため、施術前には毛を剃っておく必要があるのです。

自己処理も方法によって、肌への負担も変わってきます。

脱毛期間中は肌がデリケートになっているので、

自己処理を行う時も気を付けるようにしましょう。

今回は、自己処理のポイントや

自己処理のNG行為についてご紹介します。

電気シェーバーを使う

電気シェイバーは、刃が直接肌に触れにくく、

肌への負担が少ない自己処理方法と言えます。

電気シェイバーは、肌への負担が少ないうえに、

クリームやフォーム等の円滑剤を使わなくても使用できます。

脱毛の施術前に、時間をかけて自己処理するのには手間がかかりますが、

電気シェーバーであれば短時間で肌への負担を抑えながら自己処理できます。

電気シェーバーを使う場合でも、

肌に強く押し当てたりしないようにしましょう。

また、深剃りが出来る電気シェーバーは肌への負担が大きい為、

肌に優しいタイプのものを選びましょう。

肌が清潔な状態で剃毛する

電気シェイバーでの自己処理は、シャワーを浴びるなどして

肌を清潔な状態にしましょう。

雑菌による肌荒れや炎症を起こすリスクの軽減につながります。

剃毛する前に蒸しタオルなどで温めると、毛穴が広がって

毛が立ちやすくなり、シェ―ビングしやすくなります。

また、デリケートゾーンのVIOライン等、長い毛がある部位は予め

ハサミでカットしておきましょう。

毛足が長いままシェイバーを当てると刃が毛に絡みやすくなり、

肌に負担を与えてしまう可能性があります。

自己処理の前後は丁寧に保湿する

自己処理の前後は、ローションクリーム等で肌に潤いを与えましょう。

保湿によって肌を外敵刺激から守る「バリア機能」を保護すると

肌のトラブルの予防に繋がります。

また、肌が乾燥して刺激に敏感になっていると、

施術時に痛みを感じたり、レーザー照射時に発生する熱が伝わりやすくなって

火傷のリスクが高まったりする可能性があります。

その為、毛のお手入れ前後は特に入念な保湿ケアを心掛けましょう。

脱毛中のNG行為とは?

医療脱毛の施術期間中は、毛抜き除毛クリーム

家庭用脱毛器を使った自己処理は厳禁です。

毛を抜いたり、色素を薄くしたりする自己処理によって、

メラニン色素が失われると、レーザーが反応しなくなるので、

行わないようにしましょう。

丁寧な自己処理を行いましょう

自己処理は日々欠かせないものです。

脱毛期間中はお肌がデリケートになっているので、

出来るだけ肌に優しい、ダメージの少ないものを

選びましょう。

特にオススメなのは電気シェーバーでの自己処理です。

細かい毛や太い毛にも使用することができる上に

剃刀よりもけがをしにくい構造になっています。

脱毛について疑問点やご不明点がある場合は、

ぜひエーレクリニックへご相談ください。

おすすめ記事