脱毛の種類を解説!種類別のオススメとは?

脱毛の種類は何がある?

脱毛の種類には、サロン脱毛・医療脱毛、家庭用脱毛器を使用した自宅での

脱毛がありますが、それぞれ得られる効果特徴が異なります。

サロン脱毛(光脱毛)

光脱毛は、特殊なライトを肌にあてて毛根にダメージを与える方法です。

肌へのダメージを抑えたり、美肌効果を高めたりする為、

肌にジェルを塗ってその上からライトを当てていきます。

毛のメラニン色素に反応するライトは、毛周期に合わせてお手入れするため、

1ヶ月から3か月に1回ペースで通います。

ワックス脱毛

ワックス脱毛とは、ブラジリアンワックスともいわれ、

ワックスを肌に塗り、固まったワックスを一気にはがして脱毛する方法です。

自宅でも出来る手軽な脱毛方法として人気があります。

家庭用脱毛機

家庭用光美容器は毛量を減らす減毛や、

生えてくるスピードを遅らせる抑毛を行うことが出来ます。

クリニックのようなレーザー脱毛が行えるタイプもありますが、

サロンやクリニックで使用している脱毛機よりも出力が

弱めに設定されているため、光、レーザーのいずれの場合も

行えるのは減毛と抑毛を目的とした脱毛です。

その為、家庭用光美容器での半永久的に脱毛を行うことは出来ません。

半永久脱毛とまではいかなくても、自宅で体毛を薄くしたり、

毛の生えてくるスピードを遅らせたい方に

おすすめの脱毛方法になります。

医療脱毛とは?

医療脱毛は医療レーザ―脱毛機を使用してレーザーを肌に照射する方法と、

電気針を使用して毛を1本1本とニードル脱毛の2種類があります。

レーザー脱毛とニードル脱毛のいずれも医療脱毛クリニックや

美容皮膚科といった医療施設でのみ行うことができ半永久脱毛が行えます。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、レーザー脱毛と同じく、

半永久脱毛を行うことが可能です。

また、光脱毛やレーザー脱毛は毛の黒い色素(メラニン)に反応する

脱毛機も多く、金髪や白髪に対して脱毛効果を得にくいというケース

があります。

一方で、ニードル脱毛は毛穴1つ1つに専用のハリを差し込み、直接毛の生える組織に

電気でダメージを与える脱毛方法の為、

色素の薄い毛にも脱毛効果が得やすく、金髪や白髪などの

色素の薄い毛を確実に処理したいという人にオススメの方法です。

医療脱毛(レーザー脱毛)

医療レーザー脱毛は毛量を減らしたり、毛が生えてくるスピードを遅らせたりといった、

減毛・抑毛ではなく、毛の再生率を一定以下に抑える半永久脱毛の為、

しっかり毛を減らしたいという人にオススメです。

脱毛の種類のまとめ

脱毛の種類には大きく分けて、サロン脱毛、医療脱毛、家庭用光美容器があります。

それぞれ得られる脱毛効果が違っており、サロン脱毛と家庭用光美容器での脱毛は、

減毛・抑毛を目的とした脱毛が行えます。

医療脱毛では、半永久脱毛を行うことができ、脱毛効果のほかにも

痛みや処理できるスピードも速いです。

エーレクリニックでの無料カウンセリングなどを活用して、

自分にあった脱毛を探しましょう。

 

 

おすすめ記事