傷や傷跡があっても脱毛できるの??

傷は照射できる?

身体にある『傷や傷跡に脱毛ってできるのかな、、』

そんな疑問をお持ちの方は少なくないと思います。

結果からお伝えすると基本的に傷や傷跡には照射できません。

今回はその理由リスクについてご紹介していきます。

照射できない理由は??

傷の周りは、炎症が起きている状態です。

そこにレーザー脱毛の高い熱エネルギーが加わってしまうと、

傷が悪化したり治りが遅くなってしまう可能性があります。

また色素沈着を起こすこ場合もあるので基本的には

傷の部分は避けての照射になります。

小さい傷なら照射可能?

小さな傷程度なら照射は可能になりますが、

照射可能かどうかは実際に見ないと判断できないので、

傷が完治してから施術を受けるのがベストです。

照射出来ない傷跡

「傷跡」といっても白いもの、赤いもの、茶色いもの、

膨らんでいるものなど、様々な種類があります。

実際どのような傷跡が照射出来ないのか解説していきます。

色味が濃い傷跡

レーザーは赤みには反応しませんが、

色味が濃い(メラニンが多い)部分は火傷のリスクが高くなってしまうので

基本的に色味が濃い傷は照射できません。

膨らみがある傷跡

ケロイド(※)のような膨らんでいる傷跡や

新しい傷跡も基本的に照射はできません。

その部分は避けて照射していきますが、

通常傷跡部分には毛が生えてこないことがほとんどです。

 

※ケロイド

ケロイドとは、傷跡が赤く盛り上がり、

元の傷口の範囲を超えて広がっている状態を言います。

看護師が確認させていただきます!

エーレクリニックでは看護師が施術を行うので、

しかっり確認をおこない小まめにお声がけを

させていただきますのでご安心ください。

また実際に照射できるか事前に知りたい場合は、

無料カウンセリングにてお気軽にご相談下さい。

おすすめ記事