毛嚢炎を予防するには?

毛嚢炎ってなに??

毛嚢炎(毛包炎)は、毛穴を中心に小さな赤い、

もしくは白い吹き出物のようなブツブツができる症状にになります。

医療脱毛はではレーザーを照射してダメージを与えるので、

「毛嚢炎(もうのうえん)」を引き起こすことがあります。

今回は毛嚢炎の症状や原因、対策について解説していきます。

毛嚢炎の症状

毛穴にできた傷から菌が入り込んで炎症を起こした状態で、

かゆみを伴うこともあります。

痛みはなく1~2週間程度で治りますが毛嚢炎が進み膿がたまったり、

毛嚢炎は数日から1~2週間後に出てくる可能性もあります。

なんで毛嚢炎になるの?

脱毛をする事で毛嚢炎が起こりやすくなる理由や

なぜ起こるのかその原因について、

詳しく解説していきます。

脱毛によって毛嚢炎が起こる?

医療脱毛はレーザーによってバルジ領域を破壊しますが、

このときレーザーの刺激によって、

皮膚のバリア機能も一時的に低下しやすくなります。

そこで菌が毛穴に侵入すると、毛嚢炎を引き起こしやすくなります。

原因

毛嚢炎の原因となる細菌は、黄色ブドウ球菌、表皮ブドウ球菌などが主です。

これらは通常、皮膚のバリア機能を保つためにはたらく常在菌でありますが、

傷口や湿ってふやけた肌や免疫力の低下した肌に

菌が突入する事で増殖して炎症を起こすことがあります。

自己処理も毛嚢炎の原因!?

脱毛を行うことで肌のバリア機能が低下し毛嚢炎になりやすく

なりますがカミソリや毛抜きによる誤った自己処理でも、

肌が傷つき毛嚢炎を引き起こす場合もあります。

毛嚢炎が発生しやすい部位や自己処理方法をご紹介します。

自己処理方法

自己処理は肌の負担が少ない電気シェーバーがオススメです。

自己処理する場合は、カミソリや毛抜きなど

皮膚を傷つけやすいものは避け、清潔な電気シェーバーを使いましょう。

生理前などは肌の免疫力が落ちている期間は、

特に敏感になりやすいため、剃刀を使用する際は

シェービングフォームを使用したり、処理後の保湿ケアを入念に行いましょう。

どこに発生しやすい??

毛嚢炎が発生しやすい部位は、

摩擦の多い首の後ろや襟足、ヒジやヒザ

紫外線やマスクなどの外的刺激にさらされる顔

蒸れやすいおしりや太もも、デリケートゾーン

胸や背中などが挙げられます。

湿潤環境で雑菌の繁殖しやすい部位や皮脂の多い部位で発生しやすくなってます。

毛嚢炎を防ごう!!

毛嚢炎を防ぐためには、

保湿』『刺激をあたえない』『清潔感主にこの3つを守りましょう!

脱毛期間中はいつもよりこまめに保湿をおこない、

なるべく摩擦などの刺激を肌にあたえないようにしましょう!

また不衛生な状態だと脱毛や自己処理関係なく、

肌トラブルの原因になるので清潔感を保ちましょう。

また保湿や身体を洗う際には優しく泡で洗うようにしましょう。

医療脱毛が安心

医療脱毛は医療機関になるので、

肌トラブルがあった際に医師の診察が可能なクリニックが

多いです。エーレクリニックでは医師の診察処方は無料なので、

気になる事がございましたらご相談ください。

しっかり対策をおこない毛嚢炎を回避しムダ毛をなくしていきましょう。

おすすめ記事