妊活のために将来やっておきたい「妊活脱毛」について

妊活女子から人気の妊活脱毛とは

今話題の妊活脱毛とはVIOを中心とした脱毛です。

Vラインは腰骨を結んだ三角形、Iラインは股の間から太もも付け根まで、

Oラインは肛門周りの事を一般的には指します。

自己処理が難しく、デリケートな部分なので脱毛を受けることでお手入れが楽になります。

VIO脱毛の目的

VIOを脱毛する方がどのような目的で脱毛をするのでしょうか。

美容目的

VIO脱毛を受ける方に多いのが、美容上の目的です。

Tバックなどのデザイン性のある下着や水着を着る際に

VIO脱毛をしていれば、自信をもってオシャレを楽しむことができます。

衛生的な目的

衛生面を気にして脱毛を受ける方も増えてきています。

デリケートゾーンのムレを防ぐことができたり、生理中の不快感が

減ったりする場合があります。

かゆみやかぶれが軽減することもあるので、年齢を問わず脱毛を受ける方が増えています。

妊活脱毛は妊娠中・出産後のデリケートゾーンに備える脱毛

VIOを対象にした妊活脱毛は「妊娠に備えること」が目的です。

この脱毛は、妊娠中や出産のとき、産後の時期のメリットを考えたうえで

行うのが大きな特徴となっています。

妊娠や出産をを快適に乗り切るためのアプローチとなっております。

妊娠中の衛生管理がしやすくなる

メリットの一つとして妊娠中の衛生管理がしやすくなることです。

毛が無くなる事で、デリケートゾーンを清潔に保てるのが大きなメリットとなります。

妊娠中はデリケートゾーンのトラブルが起こりやすい

妊娠中はホルモンバランスの影響により

デリケートゾーンの肌トラブルを起こしやすくなります。

体調不良のため入浴出来ない日が続いたりすると

デリケートゾーンに不快感を覚えるかもしれません。

毛を取り除く妊活脱毛には雑菌の繁殖を防ぐ効果を期待できるため

デリケートゾーンの肌トラブルを減らせる可能性があります。

精神的ストレスを減らせる可能性がある

肌トラブルのかゆみや腫れは、精神的なストレスにも繋がりかねません。

ホルモンバランスが乱れる妊娠中は、ただでさえ心身ともに不安定になりがちです。

デリケートゾーンの不快感や肌トラブルを減らせば

出産までの時期を快適に過ごすことができるでしょう。

診察や出産への備えになる

妊活脱毛は、分娩台で診察をうけたり出産の備えになります。

定期的に婦人科に通うので、VIOの毛量が多い方でコンプレックスと

感じている方は、通院が苦痛にもなりかねません。

VIO脱毛を受けるだけで気持ちが楽になるでしょう。

出産後の不快感を減らし快適な子育てライフ

出産後の不快感を軽減してくれる役割もあります。

出産後は赤ちゃんのお世話で忙しくなることが多いです。

事前に脱毛していればデリケートゾーンのお手入れやトラブルを抑えストレスを減らせます。

妊活脱毛の注意点

妊活脱毛についての注意点についてご紹介します。

妊娠中は脱毛できない

妊娠中は、ホルモンバランスが変化し肌が敏感になっています。

その状態で脱毛をすると、肌トラブルや体調の変化が起こりやすくなるためです。

当院では、妊娠し脱毛を一時休止する場合は、母子手帳をご提示いただければ

2年間無料で延長が可能なのでご申告ください。

脱毛自体は胎児・母体に影響はない

妊娠中は脱毛ができない、と聞いて心配される方もいるかもしれませんが心配はいりません。

脱毛はあくまでも肌表面への施術となりますので、妊娠が判明する前に施術を行ってたとしても

胎児や母体に影響はございません。

ただし、ホルモンバランスの変化や肌トラブル防止の観点から

施術は一度ストップさせていただいてます。

妊活脱毛は早めに計画を

妊娠中と脱毛は併用できなくなってしまうため「妊活脱毛」は

妊娠前に計画的に実施するのがおすすめです。

エーレクリニックでは、VIOの毛量を抑えつつ形を整える事も可能です。

VIO脱毛をご検討の方は、ぜひ一度無料カウンセリングへお越しくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ記事