脱毛効果を高める方法

脱毛効果を高めるには

医療脱毛をすると、自己処理から解放され、ツルツル肌へ導かれていきます。

ただし、脱毛は1~2カ月の期間を空けて通う必要があります。

脱毛期間中は脱毛効果を高める方法を実践していれば思うより少ない回数で

ツルツル肌を手に入れられるかもしれません。

今回は脱毛期間中に脱毛効果を高める方法についてご紹介します。

脱毛最大の敵は肌の黒ずみと乾燥

脱毛効果を邪魔する最大の敵は肌の黒ずみと乾燥です。

脱毛のメカニズムと、なぜ黒ずみと乾燥が脱毛の邪魔をしてしまうかを説明します。

脱毛の光は「黒さ」に反応

 まずはなぜ脱毛の光でムダ毛が無くなるのか説明します。

脱毛は、黒い色素に光を反応させることで脱毛効果を上げていきます。

毛周期とは、毛が生えてから抜けるを繰り返すサイクルの事を指します。

身体の毛穴は全ての毛穴が常に生えているわけではありません。

成長期、退後期、休止期にがあり、個人差はありますが、3週間~1ヶ月のサイクルでこれを繰り返しています。

毛穴の中に何もない状態=黒い毛根がない状態に光を照射しても脱毛効果を得ることができないため

毛周期に合わせて何度か脱毛をする必要があります。

脱毛は黒い色素に反応することで脱毛効果を得られる脱毛方法ですが、肌が黒ずんでいると脱毛効果が薄れてしまいます。

肌の黒ずみが光の熱を吸収してしまい、脱毛時の痛みが大きくなってしまいます。

また、熱がこもりやすくなるので肌が乾燥し、肌トラブルの原因にも繋がるので、

脱毛期間中は出来るだけ日焼け対策をし肌を白く保ちましょう。

乾燥していると肌荒れの原因に

感想は脱毛の大敵です。脱毛期間中はホームケアでしっかり保湿ケアを行い

水分量の多い柔らかな肌をキープしておきましょう。

保湿がしっかりされている肌の方が脱毛効果が高くなります。

また、乾燥している肌は痛みを感じやすいと言われています。

乾燥による赤みや痒み、かさつきなどの肌トラブルを防ぐためにも

脱毛後の保湿ケアは入念に行いましょう。

脱毛効果を高める方法

脱毛は肌のコンディションによって大きく変わります。

ここでは脱毛効果を高める方法についてご紹介します。

日焼け止めを使用する

日焼けしていると施術ができなくなってしまうので、脱毛中の日焼け止めは必ず使用しましょう。

曇りでも紫外線は降り注いでいます。しっかり日焼け止めで紫外線対策をすることで

日焼けによる肌トラブルを避けつつ、明るい肌色をキープして脱毛効果をアップさせることが出来ます。

美白クリームを使用するのもオススメです。

摩擦の強い着衣を避ける

摩擦の原因となるきつい下着や着衣の着用を避けるのも脱毛効果を上げるのに効果的です。

着衣が肌に強く密着した状態で歩いたり立ち座りの動作をすると、肌と着衣がこすれて黒ずみが発生しやすくなります。

脱毛期間中は肌に強く食い込む小さめの下着は避けて、ゆったりとした衣服を着用するようにしてください。

特にを含むデリケートゾーンの脱毛効果を高めるのに効果的です。

保湿をおこなう

脱毛後は特に肌が乾燥状態になるのでしっかり保湿を行い肌トラブルを防ぎましょう。

普段から使用している化粧水やクリームでも問題りませんが、

アルコールフリーのものは肌に刺激がかかりにくいのでオススメです。

脱毛効果をアップさせ効率よく脱毛しよう

せっかく脱毛をするなら出来るだけ短い期間で綺麗になりたいですよね。

しかし、日焼けや乾燥をしてしまうと、せっかくの脱毛効果が十分に発揮されない可能性があります。

脱毛期間中にしっかり保湿ケアや黒ずみ対策をすることで、脱毛の効果を最大限に発揮できるでしょう。

効率よくキレイになる為にも、しっかりとケアをおこない脱毛を受けましょう。

おすすめ記事