なぜ脱毛は1回で綺麗にならないの?毛周期の関係について

なぜ1回で脱毛が終わらないのか

たまに脱毛は1回受けるだけで全身ツルツルになりますか?というご質問をいただく事があります。

しかし、実際には複数回期間を空けて脱毛に通う必要があります。

理由は「毛周期」が関係しています。

今回は毛周期についてご紹介します。

毛周期を意識した脱毛こそ、最高の結果を得ることができる

脱毛の施術を受けた後は、パラパラと毛が抜け落ちるのを実感したことがあると思います。

「これで脱毛が完了した?」と思いきや、しばらくするとまたムダ毛が生えてきます。

これには「毛周期」と呼ばれる毛の生え変わりサイクルが関係してます。

毛が生える仕組み「毛周期」について

毛の生え変わるサイクルは大きく分けて3つあります。

1.成長期(毛が成長している状態)

成長期では、毛を成長させる毛母細胞が毛細血管から栄養分を取り込んで毛を成長させます。

皮膚の下で育っている状態を成長期前期、皮膚の表面に出てきている状態を成長期後期と呼びます。

2.退行期(成長が止まり抜け落ちるまでの期間)

毛が栄養をもらい成長は止まっています。

毛が抜け落ちるのを待つ期間です。シャンプーやドライヤーの時に抜け落ちるのは退行期の毛です。

3.休止期(毛が生えてない状態)

休止期は、毛穴から毛が生えない状態です。

毛が抜け落ちてから、次毛が生えるまでの休止期間です。

この3つのサイクルの事を「毛周期」と呼びます。

この毛周期によって体毛は常に一定量生え変わるようになっており、現在生えている体毛は

個人差はありますが、成長期と退行期だけになります。

身体の毛は生える、伸びる、抜け落ちるを繰り返し、また生えるを繰り返します。

この毛周期は人それぞれ独立したサイクルを持っており、また毛1本1本違うサイクルです。

脱毛効果があるのは「成長期」のみ

体毛が生えるメカニズムは、毛の根元にある毛母細胞に毛乳頭が栄養を届けることで

毛母細胞が毛を成長させる仕組みです。

毛母細胞や毛乳頭は毛を剃ったり抜いたりしても、無くなることはありません。

脱毛は毛周期の「成長期」にのみ反応するので退行期や休止期には反応しません。

体毛の成長期は全体の2~3割になります。

そのため、脱毛は繰り返し回数を重ねて施術を受ける必要があります。

また、脱毛を早く完了させたいということで退行期や休止期のタイミングで施術を受けても

肌に余計な負担をかけてしまう可能性があります。

その為、最低でも1カ月間隔を空けて照射していくことになります。

毛周期の期間はどのくらい空ける?

脱毛の効果を発揮するためにも間隔をあけ、成長期に合わせた脱毛を受けることが必要にまります。

身体の部位によっても毛周期の長さやムダ毛の割合が変わります。

濃い体毛の毛周期は長くなる

個人差はありますが、毛が濃い方が一般的には毛周期が長くなると言われています。

例えば顔の産毛は1カ月程度と言われていますが、脇やVラインになると2カ月~4カ月程度と言われています。

このように、身体の部位によって毛周期が異なる為、成長期の長さによっても違いがあります。

そのため、全身脱毛を受けた場合、同日に施術しても部位により脱毛効果に差が出てきてしまう可能性があります。

通院は毛周期に合わせて通いましょう。

ヘアサイクルに合わせた脱毛を

成長期にのみレーザーは反応するので、適切な期間を空けて通う事がオススメです。

エーレクリニックでは最低1カ月から2カ月おきにで通えるので、脱毛部位や回数に合わせて脱毛のペースを選んで頂けます。

適切な脱毛ペースで綺麗な肌を目指しましょう。

 

 

 

おすすめ記事