医療レーザー脱毛で皮膚ガンになるって本当?噂を徹底解説|

医療脱毛で皮膚ガンになるって本当?

医療脱毛に興味のある方が

最初に始めることと言えば、ネットでのリサーチ、

という方は多いものです。

その中で、医療脱毛をすることによって

皮膚ガンになる、という記事を見かけて方はいませんか?

これによって、医療レーザー脱毛が原因で皮膚ガンになるのではないかと

心配な方もいるかもしれません。

 

実際のところは?

まず結論から言うと、医療レーザー脱毛で皮膚ガンになることはありません。

医療脱毛で使用しているレーザー脱毛は、

皮膚や毛髪に含まれている『メラニン』と呼ばれる

黒い色素にのみ反応します。

そのため、皮膚ガンを誘発するような成分や

皮膚に害のあるような反応は起こすことはないのです。

 

なぜ皮膚ガンになるという噂が?

火傷のあとは皮膚ガンになりやすいという通説があったためです。

医療脱毛のリスクの1つとして火傷が含まれていることから、

皮膚ガンになりやすい、という間違った認識が広まったと

考えられます。

しかし、現在では火傷のあとに皮膚ガンになりやすいという説も否定されています。

医療レーザー脱毛では少なからず火傷のリスクは伴いますが、

皮膚ガンのリスクを上げることはありません。

 

皮膚ガンの主な原因は?

皮膚ガンの主な原因は「紫外線」です。

紫外線は皮膚の奥深くまで影響を及ぼす性質があり、

シミやシワといった肌老化の原因となります。

骨を作るために必要なビタミンDの生成には紫外線は必要ですが、

日常生活で知らないうちに浴びている程度の紫外線の量で十分ですので、

あえて日光浴をする必要はありません。

紫外線による影響は肌へ蓄積され、忘れた頃に現れてきます。

 

紫外線は脱毛の敵でもある

脱毛の天敵と言えば日焼けです。

日焼けでお肌のメラニン量が増加すると

レーザーの火傷のリスクが高まったり、熱を感じやすくなるので

出力をお下げすることがあります。

そのため脱毛の成果を発揮することが出来なくなります。

また、紫外線によるシミも色素が濃いと照射を避ける可能性も

出てきます。

 

紫外線対策をして脱毛の効果を発揮しよう

紫外線対策を行うと、脱毛効果を最大限に発揮することが可能です。

エーレクリニックで使用している蓄熱式脱毛機は、日焼け肌や

敏感肌にも強く、火傷のリスクも最小限に抑えることが可能です。

脱毛でお悩みの方はぜひ一度エーレクリニックへお越しください。

 

 

おすすめ記事