脱毛期間中の肌の乾燥を防ぐ保湿ケアについて

脱毛期間中は肌が乾燥しやすい

脱毛期間中は肌がデリケートで乾燥しやすくダメージを受けやすくなります。

乾燥した肌にレーザーを当てると、いつも以上に痛みを感じたり、照射によって予期せぬ炎症が起きてしまう可能性があります。

肌トラブルや照射によるトラブルを避けるためにも、日ごろからの保湿ケアが重要になります。

保湿が大切な理由と乾燥が脱毛に与える影響

レーザーを受けると肌がダメージを受けて肌を守ったり水分を保持する「バリア機能」が低下します。

バリア機能は低下すると、肌に刺激を受けやすくなり、乾燥もしやすくなるため

外部の刺激を受けて炎症などの肌トラブルを引き起こしやすくなる可能性が高くなります。

また施術時に肌が乾燥している場合も炎症のリスクが高まります。

乾燥した肌は刺激に敏感になるため、照射時に痛みを感じやすくなったり

レーザーが刺激となって肌に赤みやかゆみなどの炎症を引き起こす可能性があります。

場合によっては照射出力を下げて施術を受けなければいけない可能性があり、脱毛効果を得にくくなる恐れがあります。

肌の乾燥は肌トラブルの原因や照射の妨げになるので、施術後だけでなく日ごろから保湿ケアをおこないましょう。

肌の乾燥を予防する保湿ケア

肌の乾燥を防ぐ保湿ケアの他に、脱毛期間中は意識した方が良い肌ケアについてご紹介します。

保湿

肌が乾燥しやすくなる、入浴後や自己処理後は保湿を必ず行いましょう。

顔は保湿している人は多いと思いますが、出来る限り身体全体も保湿を心がけましょう。

背中など手の届きにくい場所はスプレータイプの保湿剤を使用し保湿をしましょう。

VIOはまずシャワーなどで清潔にしてから保湿をします。

VIOに使用する保湿剤はなるべく低刺激のものや、デリケートゾーン専用の保湿剤を使用しましょう。

肌状態に合わせて保湿ケアをおこなう

季節の変わり目は紫外線量や気温が変わるため、年中同じケアだと肌が乾燥すると感じる場合があります。

肌が乾燥していて荒れているときは、いつもより低刺激のものや高保湿のものに変えましょう。

乾燥しやすい季節はクリームにオイルをプラスするのもオススメです。

また、部屋に加湿器を置いて湿度を上げるなどし乾燥を防ぎましょう。

紫外線対策

日焼けした肌は乾燥しやすくなります。

紫外線の多い夏はもちろん、冬も紫外線は降り注いでいるので日焼け対策をおこないましょう。

摩擦予防

気温や湿度の変化によって、肌が乾燥すると摩擦を受けやすくなり、洋服や下着による摩擦で肌に炎症がでる場合があります。

肌にかゆみやごわつきを感じる際には、洋服の素材をコットンやシルクといった肌に優しい素材の服を着用するようにしましょう。

睡眠

肌の乾燥を防ぐには睡眠も大切です。

睡眠不足は肌荒れや乾燥を引き起こす原因になります。

睡眠中は肌のターンオーバーを促す「成長ホルモン」が分泌されています。

しかし、寝不足になると分泌される量が減り肌のターンオーバーが乱れる原因となります。

ターンオーバーが乱れると肌の古い角質が肌表面にとどまり、肌がごわついたり乾燥したりします。

毎日十分な睡眠時間を確保しましょう。

保湿ケアで肌トラブルを防いで綺麗になろう

せっかく医療脱毛を受けても、肌が乾燥してしまい肌トラブルを引き起こしては悲しいですよね。

保湿ケアは特別なものを使用する必要はなく、普段から使用している保湿ケアで大丈夫です。

冬などの乾燥しやすい季節はもちろん、紫外線が多い夏も乾燥しやすいため、脱毛期間中は

1年を通して日焼け対策を行うことが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ記事