なぜ医療脱毛前の予防接種を避けるの?

医療脱毛前の予防接種について

エーレクリニックでは、患者さまに医療レーザー脱毛の

施術前後2週間以内に予防接種を受けないようにお願いしています。

施術によって体調不良肌トラブルを引き起こす可能性があるためです。

また、医療脱毛施術のより予防接種は受けられますが、

施術による炎症等が肌に見られるときは、

肌状態が落ち着くまでワクチン接種は控えましょう。

予防接種前後の脱毛は控えるべき?

脱毛施術を開始している方で、

期間中にインフルエンザの予防接種を受ける場合に

脱毛での注意事項や理由についてご説明します。

予防接種を受ける前に2週間空ける理由

脱毛後の施術は、お肌がデリケートな状態になっている為、

予防接種を受けると、肌が赤くなるなどの肌トラブル

起こる可能性があります。

予防接種を受けた後に2週間空ける理由

予防接種後のお肌は、注射を打った跡が赤く腫れたり、

副作用の影響でご体調がすぐれない可能性もありますので、

予防接種前後2週間は脱毛は控えるのがオススメです。

予防接種後にカミソリやシェイバーで自己処理をする場合、

お肌に負担がかなりかかりなます。

その為、予防接種後に施術を受ける場合は、

保湿をして丁寧なシェービングを行うように

心がけましょう。

予防接種後に脱毛施術を受けるリスク

予防接種でワクチンを体内に取り込むと、

身体はウイルス細菌に対する免疫を作り出します。

その過程でまれに熱や発疹が出るなどの副反応が出ることがあります。

予防接種後の体調が万全でない状態で脱毛施術を受けると、

体調がさらに悪化したり、肌トラブルが生じたりする可能性があります。

そのため、エーレクリニックでは、施術部位に関わらず、

予防接種後2週間以内は施術をお断りしています。

予防接種前後2週間以内に医療脱毛施術の予約がある場合、

クリニックへ施術日の変更やキャンセルのご連絡をお願いいたします。

医療脱毛前後に注意したい行動とは?

医療脱毛前後は、予防接種だけではなく注意しなければ

ならない点がいくつかあります。

入浴などの身体を温める行為

脱毛終了直後の肌は、照射によって肌内部に熱がこもり、

身体の体温上昇に繋がります。

その為、施術部位に赤みかゆみが起こる可能性もあります。

施術当日は、入浴身体を動かして体温を上げる行為は避け、

出来るだけぬるめのシャワーのみで済ませましょう。

飲酒

脱毛前後にお酒を飲むと、アルコールで血行の循環が良くなり、

お肌にかゆみが出る原因になります。

飲酒後に脱毛を行うと、良いが周りやすくなり

気分が悪くなる可能性がある為、控えるようにしましょう。

防接種前後2週間は期間をあけよう

脱毛期間中の予防接種は、

前後2週間あけることで、お肌のダメージを

回復することが可能です。

予防接種前後の脱毛に関しては、

ご自身の体質や健康状態により肌トラブルが

起こる可能性があります。

ご自身の健康状態を見ながら

医療脱毛を行うようにしましょう。

おすすめ記事