蓄熱式脱毛とは?最新脱毛徹底解説!

蓄熱脱毛とは?

医療脱毛と言うと、多くの方が「痛そう」というイメージを

持っているのではないでしょうか。

また、実際に体験したことがある人も、

「麻酔は必須」、「ゴムで強く弾かれたような感覚」という感想を

持つことが大半です。しかし、中には、

「あまり痛みを感じなかった」、「麻酔は必要ない」という方もいます。

同じ医療脱毛でもここまで差が生じるのは本当に個人差のみなのでしょうか。

ここでは2つのレーザー脱毛の違いについて説明します。

2種類のレーザー脱毛

医療脱毛には二種類のレーザー脱毛があります。

まず一つ目が、『熱破壊式』と呼ばれるものです。

この熱破壊式と呼ばれるレーザー脱毛は、比較的歴史が古く、

費用も安い傾向にあります。ですので、導入しているクリニックも多く、

体験している方が多いというのが現状です。

ネットでよく見る口コミや、「医療脱毛=痛い」というイメージの多くは、

この熱破壊式から直結しているものです。

一方で、もう一つのレーザー脱毛方法である『蓄熱式』は、

新しく発明された痛みの少ないことが特徴の脱毛です。

その分、脱毛機械の値段が高く、導入しているクリニックが少ない為、

まだ世間一般ではそれほど知名度が高くありません。

熱破壊式のメリット

熱破壊式の施術方法は、ショット式とも呼ばれています。

熱破壊式は毛根の根本部分である毛乳頭を破壊することで、

毛の再生を出来なくさせる仕組みです。

熱破壊式では、毛周期に関係なく照射してから約一~二週間で毛が抜けるため、

効果が実感しやすいという利点があります。

また、ワンショットずつの施術方式なので、

短時間で施術が完了するというメリットもあります。

熱破壊式デメリット

熱破壊式は、毛根の根本部分まで届かせ、破壊するほどの強いエネルギーを一度の照射で与えるので、

強い痛みを伴います。特に、お顔デリケートゾーンなどは冷や汗が出ることも。

また、お顔の産毛のようなメラニンの薄い毛に対しては、

毛乳頭部分までレーザーが反応しにくく、あまり効果が得られないのが特徴です。

蓄熱式メリット

蓄熱式のメリットは何といっても痛みの少なさです。

破壊対象が毛乳頭よりも浅い部分にあるバルジ領域なので、一度で強いエネルギーを与える必要がありません。

低出力のレーザーを連続照射することで、バルジ領域の破壊に必要なエネルギーを照射します。

そのため、熱破壊式と比較して格段に痛みを感じにくくなります。

また、蓄熱式はバルジ領域を破壊するため、産毛などの毛にもしっかりとレーザーが届きやすいことも挙げられます。

蓄熱式デメリット

蓄熱式は、毛周期に沿って毛が抜けていくため、脱毛の実感を得るのに約三~四週間かかります。

また、蓄熱式は、まばらに抜ける、という特徴があるため、照射漏れのように感じる瞬間があります。

こちらも、回数を重ねるごとに改善されていくものにはなりますが、

すぐに効果を実感したい方にはあまりおすすめ出来ません。

ソプラノアイスプラチナムとは?人気の秘密

ソプラノアイスプラチナムとは、世界初、三波長同時に出力が可能な機械です。

また、最近では、痛みに配慮された機械が多く開発されていますが、

その中でも最も痛みが少ないものと言われています。

三波長同時出力なので、身体の全ての毛に反応することが可能な上に、痛みが少ないので、

とても大人気な機械です。

エーレクリニックの蓄熱脱毛

エーレクリニックでは、人気の蓄熱脱毛を使用しています。

蓄熱脱毛といっても使用する機械が違えば、その効果も様々です。

自分で機械を選ぶことの出来るクリニックでは、ソプラノアイスプラチナムだけ、

約四ヶ月待ちになることもあるほど大人気の機械。

少ない痛みで、効果を実感したい方はぜひエーレクリニックへお越しくださいませ。

おすすめ記事