医療脱毛と日焼けの関係について

医療脱毛と日焼けについて

自己処理による肌荒れ防止や処理の手間や時間を減らす為に脱毛をする方が増えてきています。

しかし、脱毛期間中に日焼けをしてしまうと脱毛できなくなってしまう事をご存知でしょうか?

屋外でお仕事をされている方や焼けやすい方は特に注意が必要です。

今回は脱毛と日焼けの関係について詳しくご紹介いたします。

 

脱毛期間中の日焼がNGな理由

医療レーザーでは毛根に含まれているメラニン色素にレーザーが反応しダメージを与えて脱毛を行なっています。

レーザー照射後はお肌が軽いやけど状態になっており、赤みやひりつきなどの肌トラブルも出現しやすい状態です。

そこで日焼けをしてしまうとお肌にさらにダメージを与えるような形になる為、照射前後どちらも日焼けをする事はやけどのリスクが上がります

皮膚は紫外線の刺激を受ける事で防御反応によってメラニン色素を生成します。

肌に含まれるメラニン量が増加する事で毛根までレーザーは届かずに肌のメラニンに反応してしまう為脱毛効果も得られず、やけどに繋がる可能性が高くなります。

 

過度な日焼けをしてしまった場合

海やプールなどで過度な日焼けをしてしまった場合、目安として2〜3ヶ月空けていただくことをおすすめしています。夏場は紫外線も強く露出も増える時期です。

しかし、日焼けの跡が残っている場合は期間が空いていても、お肌の状態によっては照射ができかねる場合もあるので注意が必要です。

 

日焼をしてしまった場合の対処法

基本的に日焼けをして色味がしっかりついている場合は照射が不可になる可能性が高いです。

肌状態が落ち着き、安全に照射ができるようになってからの照射になる為、次回の脱毛までに1〜2ヶ月は期間を空けて頂くことがあります。

また日焼けをした場合は、以下の対策をすることで少しでも肌の回復を早められる可能性があります。

日焼け部分を冷やす

日焼けは軽いやけど状態と同じ状態です。熱いものに触ってしまった時と同様、日焼け部位を冷やすのが有効です。

日焼けしてから時間をおかず、できるだけ早くシャワーなど冷たい流水で冷やします。

その際に勢いよく日焼け部位に直接当てるのではなく日焼け部位周辺からゆっくりかけます。

流水に当てられないときは、清潔なタオルに冷水を含ませてから冷やすのも良いでしょう。

保湿する

日焼けをした後は乾燥が進みやすい状態の為、保湿ケアを念入りに行っておく事が重要です。

日焼け後は肌のバリア機能も低下している為、低刺激の化粧水や乳液、クリームなどがおすすめです。

日焼けした肌をそのままにしてしまうとシミやシワの原因になりやすくなりますので、日焼け後は丁寧な保湿ケアを心がけましょう。

また、肌が敏感になっているのでコットンなどで強く擦らず、優しく浸透させるイメージで肌に馴染ませましょう。

ビタミンCを摂取する

ビタミンCはメラニンの生成を抑えてくれたり、ターンオーバーを整えてくれる作用がある為おすすめです。

食べ物でもオレンジやグレープフルーツ、いちご、キウイなどはビタミンCが豊富なフルーツのため、日焼け後には積極的に摂取すると良いでしょう。

 

医療脱毛期間は徹底した紫外線ケアを心がけましょう

医療脱毛期間中の日焼けは脱毛ができなくなるリスクや肌トラブルを引き起こす可能性があります。

脱毛を長引かせないためにも、しっかりと日焼け対策を行いましょう。

もし日焼けしてしまった場合は、速やかに対策することで日焼けによる肌ダメージを抑えることができます。

エーレクリニックでは、日焼けをした褐色の肌でも施術が可能な脱毛器を導入しておりますので

脱毛をご検討中の方は、ぜひ一度無料カウンセリングにお越しください。

おすすめ記事