脱毛後に赤みが出る原因と対処法

照射後に赤みが出る原因

照射後に赤みがでることは珍しいことではありません。

照射後に赤みなどが出るのは、レーザー照射時による熱が皮膚にこもり、

皮膚が軽い炎症を起こすためだと考えられます。

VIOなどの毛が太くて密集している部位や、

顔などの皮膚が柔らかくデリケートな部位は

よりレーザーの熱に反応しやすいため赤みなどの症状が起こりやすくなります。

また、アトピー性皮膚炎敏感肌の方はレーザーの刺激を受けやすいので、

赤みなどの症状が出やすくなります。

エーレクリニックの脱毛機について

冷却装置の付いたレーザー脱毛機を使用しています。

エーレクリニックでは、冷やしながら照射するために

冷却装置のついた蓄熱式レーザー脱毛機器を使用しています。

施術時に肌へ塗布するジェルと照射ヘッドに付いている、

冷却装置の相乗効果で肌を冷やしながら脱毛施術を行います。

脱毛後の赤みを抑えるセルフケア

脱毛後の赤みは基本的には時間が経てば収まっていきます。

皮膚の内側にこもっている熱は、しばらくすると冷えていくからです。

しかし赤みが引かないと人前に出づらくなってしまいます。

赤みが引いていく時間を待たず、

なるべく早く赤みを抑える方法についてご紹介します。

クーリングする

脱毛後に赤み痒みひりつき感がある場合は、

熱が皮膚にこもっている状態なので患部を冷やすことで症状の緩和につながります。

冷水で冷やしたタオルや保冷剤をタオルで包んだものを患部に乗せて冷やしてください。

血行を促進する行動は避ける

体温が上昇し血行が良くなると赤みなどの症状が強く出てしまうため、

施術の当日は血行を良くする行動(入浴・激しい運動・マッサージ・飲酒など)をしないでください。

保湿する

脱毛によってダメージを受けた肌はバリア機能が低下し、

赤みなどの肌トラブルを起こしやすい状態です。

施術後は化粧水や保湿ローションやクリームなどでしっかりと保湿ケアを行うと、

肌のバリア機能が整い肌トラブルも起こりにくくなります。

また、日常的に保湿を行うことで肌トラブルの予防になります。

日焼けを避ける

日焼けをするとレーザー照射後の赤みが強くなり、

火傷や色素沈着などの肌トラブルにつながりやすくなってしまいます。

そのため日頃から紫外線対策をしっかりと行う必要があります。

脱毛後の赤みが出たらまずは様子を見て

医療レーザー照射後の肌には、赤み・痒み・ひりつき感などの症状が出ることがあります。

これらの症状は正常な反応で、一般的に2~3日程度で自然と治まることがほとんどです。

もし万が一、照射後一週間以上経過しても症状が改善しなかったり、

悪化したりしたときは、エーレクリニックにご連絡ください。

照射による肌トラブルの場合は、

医師による診察や薬の処方などを無料でご案内しますのでその際は一度ご相談ください。

おすすめ記事