生理中でも医療脱毛は可能?ピルの服用中は?

生理中のVIO医療脱毛は可能?

女性が医療脱毛を行うにあたって、最大の懸念点である生理。

VIO脱毛を行いたいと思う方は多くいますが、生理不順などが要因で諦める方も

いらっしゃいます。

では、生理中のVIO医療脱毛は可能なのでしょうか。

今回は気になる生理中の医療脱毛について詳しくご説明します。

 

生理中のVIO医療脱毛は不可能!他の部位は?

生理中のVIO脱毛は、現時点ではほとんどのクリニックが不可能としています。

エーレクリニックでも生理中のVIO脱毛は行っていません。

また、当院に限らず生理中の対処としては、患者様が着用されているショーツで隠れる範囲は

照射範囲から除く傾向にあります。

部位別でいうと、ヒップ全体や、場合によっては鼠径部も含まれます。

しかし、上記以外の部分は基本的に生理中であっても照射可能です。

 

なぜ生理中のVIO脱毛は出来ない?

生理中のVIO脱毛をほとんどのクリニックが不可とする大きな要因は衛生面です。

これは、クリニックのみではなく、エステサロンも同じです。

特にエーレクリニックで用いているような蓄熱式脱毛は、機械のヘッド部分を照射する箇所に

ピッタリと密着させて施術を行います。

少しでも浮いてしまうと、火傷のリスクがあるためです。

そのため、脱毛器に経血が付着してしまうので生理中の施術は不可能な場合が多いです。

 

生理になったら事前に言うべき?

ご契約されているコースにVIOやヒップなど、生理中に避ける範囲が含まれている方は

必ず担当の看護師、又は受付にお伝えください。

照射が出来ない場合は、ご自身のショーツを着用したままの施術となりますので、

お着換えの方法や、照射の順番が異なります。

また、該当部位が含まれたいない場合でも生理中は肌がデリケートになっていたり、

自律神経の影響で感覚が敏感になることがあります。

そのため、通常時よりも痛みを伴う可能性が高くなるので、事前に伝えておくことが

オススメです。

 

生理中の脱毛はリスクがある?

生理中の脱毛は、身体にとって悪影響があるわけではありません。

しかしながら、生理中の肌はとてもデリケートです。

生理前などから肌荒れを起こす方も多いのではないでしょうか。

そのため、通常時よりも強く痛みを感じたり、肌に赤みが出たりするなど肌トラブルを起こしやすくなります。

また、生理中は出血以外にも腹痛や頭痛、倦怠感といった身体の不調が多く見られます。

長時間の施術に耐えられるかどうかもリスクの一つです。

加えて、経血の漏れなどの観点から、通常時よりも頻繁にお手洗いに行く方もいらっしゃいます。

脱毛中は、服の着脱などにも時間を要するため、こまめにお手洗いに行くことが難しくなりますので、

懸念点の一つと言えるかもしれません。

 

ピルの服用中は可能?

毎月の生理の症状を和らげたり、避妊のためにピルを服用している女性も多くいます。

ピルを服用中でも脱毛を受けていただくことは可能です。

しかし、ピルもホルモンバランスに少なからず影響があるため、痛みに敏感になる可能性もあります。

脱毛を受ける前にクリニックに相談してみましょう。

 

生理中の医療脱毛は体調と相談

生理中のVIO脱毛は出来なくでも、その他の部位の施術は可能です。

しかし、生理中は体調や精神面がとてもデリケートになりやすく、

不調を起こしやすいです。

そのため、ご自身の体調と相談して脱毛を受けましょう。

エーレクリニックでは、VIOを含む全身脱毛が最短60分で終了します。短時間での施術が可能ですので、

身体の負担も少ないことが特徴です。

また、1営業日前の営業終了時刻までご予約の変更が可能ですので、生理不順で悩まれている方でもご予約が取りやすくなっています。

ぜひ一度エーレクリニック吉祥寺院へお越しください。

おすすめ記事