脱毛にはどんな服装で行った方がいい?服選びのポイントをご紹介

脱毛に着ていく服装について

脱毛を始めて行う方や、今まで部分脱毛しか経験のない方は、

当日の服装に悩みますよね。

脱ぎづらい服や厚着はやめた方がいいのかなど、悩みはつきません。

今回は、脱毛に行くときの

オススメの服装やポイントをご紹介します。

脱毛に行く時の服装は自由です

脱毛に行く時の服装は自由なので、

基本的に何を着て行っても問題ありません。

ただし、「最適な服装」「避けた方がいい服装」があります。

これから施術を受けること、

施術を受けて肌がとても敏感になることを考えると、

服装にも気を使っておきたいところです。

服装によっては、脱毛後の肌トラブルを招いてしまうリスクが高くなるので、

これからご紹介するポイントに気をつけて服選びをしてみてください。

服装のポイント

・通気性の良い服装

脱毛を受けた後の肌が敏感であるため、

服で蒸れると刺激になってしまいます。

夏、汗をかいて肌へのダメージが大きくなってしまう可能性もあるため、

脱毛時にはできるだけ通気性が良く、

風通しの良い服を選びましょう。

また、脱毛直後はお肌が乾燥しやすくなっているため、

水分を過剰に吸収するヒートテックの利用は、

出来るだけ避けることをお勧めします。

・ゆったりとした服装

脱毛後の肌は敏感になっています。

見た目には変化がなくても、一時的に肌のバリア機能が低下していたり、

まだ熱がこもっている状態なのです。

そのため、ピタッとした服や締め付けの強い服だと、

摩擦によってお肌にダメージを与えてしまったり、

毛穴が傷ついてしまい、毛嚢炎の原因にもなります。

施術後はなるべく刺激の少ない服装にした方が肌トラブルを防げます。

タイツやストッキングなども照射後にはなるべく控えた方がいいでしょう。

・肌の露出が多い服装は避ける。

脱毛後は、赤み痒み、ひりつきなどの症状が何もなくても、

軽い炎症が起きている状態なのです。

そこで露出の多い服装でたくさん紫外線を浴びてしまうと、

通常の日焼けよりも強い炎症を起こしてしまいます。

また、脱毛期間中に日焼けをしてしまうと、

火傷のリスクが高くなるため、

レーザーの出力を下げて照射する可能性もあります。

出力を下げてしまうと、本来の脱毛効果を得られなくなったりするので、

紫外線対策は必須になります。

・アクセサリーは最小限に

施術中は基本的にアクセサリーを外していただきます。

着替えに時間がかかったり、紛失したりしないよう、

身につけずにご来院いただくか、

最小限にしていただいたほうが安心です。

小さなアクセサリーは、着替え時に自分でも気づかない内に

紛失してしまうことがあるので、注意が必要です。

エーレクリニックでは施術部屋にアクセサリー入れもご用意していますので、ご安心ください。

※せっかくのヘアアレンジがくずれてしまうことも・・・。

また、服装ではありませんが、ヘアセットも大切なファッションの一部です。

しかし、せっかくのヘアアレンジが崩れてしまうこともあります。

施術中はうつぶせになったり仰向けになったりするので、

綺麗にヘアアレンジをしていてもどうしても崩れてしまう可能性があります。

また、うなじを照射する際にはポニーテールのように

髪を一つにまとめてもらう必要があるので、

せっかく綺麗にヘアアレンジしていても

台無しになってしまうことがあります。

ただし、エーレクリニックにはコンセント付きのパウダールームがあるので、

施術が終わったらお直ししていただくことが可能ですので、ご安心ください。

部位脱毛の場合の服装のポイント

全身脱毛ではなく、部位脱毛の場合も特に服装の指定はありません。

しかし、上半身のみや、下半身のみの脱毛の場合、

ワンピースやサロペットのように

上下が繋がっているものだと、脱毛しない箇所まで服を脱ぐことになります。

施術中は熱を感じるので、基本的には暖かく感じると思いますが、

施術箇所以外も服を着用していないと、寒い可能性もあります。

そのため、上下が分かれているものを着用するのがオススメです。

まとめ

今回は見落としがちな「脱毛に行く時の服装」についてまとめました。

初めて脱毛では分からないことが多く、施術の流れや痛み強さなどさまざまなことが気になると思います。

また、服装についても、どのような服装が良いのかと悩む方も多いです。

エーレクリニックでの無料カウンセリングの際に、事前に服装を聞いておくことをおすすめします。

ご不安な点ございましたら、当院の無料カウンセリングで詳しくお伺い致しますので、

ぜひ一度当院にお越しくださいませ。

おすすめ記事