埋没毛の原因と予防方法は?

埋没毛の原因とは

膝やVライン、脇などの埋もれ毛が気になる方も多いのではないでしょうか?

皮膚の下に毛が埋もれてしまうことを埋没毛と言います。埋没毛が出来てしまう原因は主に2つあります。

 

頻繁な自己処理による肌の乾燥

埋没毛の原因として肌の乾燥があります。

1日~2日に1回くらいの頻度で自己処理をしていると、皮膚はどんどん乾燥していきます。

乾燥すると肌が傷つきやすく肌ダメージも大きくなる為、肌のターンオーバーが乱れ角質が固くなり、

毛が外に出れなくなり埋没毛になりやすいです。

乾燥を防ぐために、入浴後は保湿成分が含まれた化粧水や乳液で保湿を行いましょう。

間違った自己処理で毛穴が傷付く

毛抜きやワックスを使用して自己処理を行うと、毛が根本から抜ける為、毛穴に大きな負担を与えます。

カミソリでの逆剃りや深剃りと同様にかさぶたや角質化を起こしてしまい、毛嚢炎の原因にも繋がります。

毛穴に細菌が入ってしまうと埋没毛だけでなく、毛嚢炎など別の肌トラブルの原因にもなるので注意しましょう。

 

埋没毛の予防には角質ケア?

埋没毛の予防で大切なのは自己処理の頻度を減らす事、肌が適切にターンオーバーできる環境を整える事です。

既に埋没毛ができている場合には、肌を保湿しながら古い角質を取り除き、肌のターンオーバーをサポートしましょう。

ピーリングやスクラブで肌を滑らかにすることで、乾燥により厚くなった角質をケアし、肌表面を滑らかにする事で保湿の効果が高まります。

特にピーリングには毛穴に詰まった汚れを溶かす効果もあり、埋没毛で全体が黒ずんだ肌にも効果を発揮します。

また、角質ケアに使う製品はご自身の好きなもので構いませんが、照射の当日と照射前日は避けておこないましょう。

スクラブやピーリングは1~2週間に1回ペースで使用し、角質ケアのやりすぎでの乾燥肌や敏感肌を引き起こさないようにしましょう。

 

保湿ケアで埋没毛を無くそう

保湿ケアや角質ケアするのがめんどくさい方や、忙しくなかなかできないという方は

手軽に取り入れやすく簡単なお手入れから始めたり、ご自身の好きな香りを選びリラックスタイムに変えて

継続的に取り入れられるようにしていきましょう。

また、ベタつきが気になる方などはテクスチャーを軽いものに変えたり、

特に乾燥しやすい部分はしっかり保湿ケアするなど部分で使い分けるのもおすすめです。

医療脱毛を行う事で一度施術した毛穴からはほとんど毛が生えて来なくなるため、埋没毛の予防や改善に効果的です。

エーレクリニックでの医療脱毛と角質ケアを行なって、埋没毛ゼロを目指しましょう。

 

おすすめ記事