硬毛化って何?原因や対処法を解説

ムダ毛処理をしようとすると、「毛が濃くなるからやめた方がいいよ」

と言われたことはありませんか?

それが実は硬毛化のことを指していた可能性が高いです。

脱毛することによって起こる硬毛化。

これだけを聞くと不安になりますよね。

しかし、硬毛化に対しても対処法はあるので、

硬毛化が原因で脱毛を諦める必要は全くありません。

今回はこの硬毛化について原因や対処法を説明します。

 

硬毛化とは?

脱毛の無料カウンセリングに行くと必ずリスクとして説明される硬毛化。

硬毛化というのは、脱毛することによって逆に毛が濃くなったり、

硬くなったりすることです。

このほかにも、増毛化や、多毛化と呼ばれることもあります。

しかし、生まれながらに人の毛穴の数は決まっており、

脱毛することによって毛穴が増えることはありません。

毛が濃くなることによって、目立ってしまい増加したように感じるのです。

硬毛化は、医療脱毛だけではなく、エステ脱毛や自宅での自己処理でも起こりうるものになります。

 

硬毛化の原因

脱毛の際に起こる可能性のある硬毛化ですが、

その原因は分かっていません。

現時点で一番有力なのが、レーザーやライトなどを当てる際に、

上手く反応しなかったために毛根を破壊するのではなく、

反対に刺激してしまい活性化した毛である、というものです。

しかし、これもあくまで仮説であり、医学的な根拠を持って立証されているものではありません。

現在の医療技術でも硬毛化の正しい仕組みは解明されていないのです。

 

硬毛化しやすい部位

硬毛化しやすい毛に共通しているのが薄くて細い産毛が多く生えている部分です。

部毛は通常の毛よりも細くて細かい分、

メラニンが薄くレーザーやライトが反応しづらい傾向にあります。

そのため、毛根を破壊するために必要なエネルギーを十分に当てることが出来ず、

刺激してしまうことによって硬毛化が起きていると考えられます。

産毛の多い背中や、二の腕の表側、そして人気の顔などが比較的硬毛化しやすい部分として挙げられます。

反対にデリケートゾーンやワキなどの濃くてしっかりした毛が生えている箇所ではあまり見受けられません。

また、硬毛化しやすい部分に限らず、元々毛がとても薄く、

全体的に産毛のような毛が多く生えている人は、

通常よりも硬毛化しやすい可能性があります。

 

硬毛化の対処法

医学的に原因が解明されていない硬毛化は事前に対策を行うことが出来ません。

しかし、万が一硬毛化が起きてしまった際の対処法はありますので、ご安心ください。

ここでは、硬毛化への対処法をご紹介します。

 

①レーザー脱毛に変える

現在、エステサロンで光脱毛を受けている方なら、

医療脱毛に変えてみるのもいいかもしれません。

光脱毛では、完全に毛根を破壊することは出来ず、

毛乳頭を刺激する程度の弱いエネルギーを当てています。

そのため、硬毛化が起きた毛を破壊することが出来ない為、自然に抜け落ちるのを待つしかないのです。

医療脱毛なら毛根を破壊することが可能なため、硬毛化した毛であっても脱毛出来る可能性があります。

 

②脱毛を続ける

現在、医療脱毛に通っている方は、毛根を破壊することが可能なので、

レーザーを照射し続けることもオススメです。

レーザーに反応した毛は抜け落ちたあと、生えてくることはないので、

硬毛化の改善が期待できます。

硬毛化した毛を確実に脱毛することあ出来る、とは言い切れませんが、

エーレクリニックでは大体5回を目安に脱毛を行っております。

 

③ニードル脱毛を行う

ニードル脱毛は、レーザー脱毛や光脱毛と異なり、一本一本の毛に対して電気を流し、

ピンポイントで脱毛を行います。

そのため、硬毛化した毛に対して確実にダメージを与えることが出来ます。

電気を毛穴に流すため、強い痛みを伴い、料金が高額ですが、硬毛化した毛を確実に処理したい方には

おすすめの方法です。

 

硬毛化は原因不明!不安な場合はまずは相談を

硬毛化はリスクとして存在しますが、発症の割合としては高くはありません。

しかし、誰にでも起こりうるものですが、原因や事前の対処法がないとなると不安な方も多いはず。

まずは、ご自身が通っているクリニックや、エステサロンでの実例や保証があるかを確認しましょう。

エーレクリニックでは産毛に対応するレーザーが出力されているので、硬毛化した産毛に対しても効果が期待できます。

ぜひ一度、無料カウンセリングにお越しください。

 

 

おすすめ記事