介護脱毛は白髪が生える前に!

介護脱毛ってなに??

介護脱毛とは介護されるかもしれない将来を想定し、

あらかじめVIO脱毛をしておくことを言います。

まだまだ現役世代である40代、50代の女性を中心に人気が高まっています。

介護脱毛はすべての人が必ずしなくてはいけない決まりはありませんが、

介護をする上でまったく手入れされていないアンダーヘアは邪魔になります。

実際に介護経験者に実施したアンケート調査では全体の7割の方が、

「アンダーヘアがあると排泄介助がしにくい」と答えています。

介護脱毛を希望する女性が増えている背景には、

「介護する人の負担を少しでも減らしたい」思いやりの気持ちが大きく影響しているのでしょう。

そんな需要が高まっている介護脱毛についてご紹介します。

介護脱毛のメリット

今需要が高まっている介護脱毛には、

メリットが多くあります。1つづつ詳しく解説していきます。

排泄介助がスムーズに!

介護脱毛をすると排泄介助がしやすくなります。

年齢を重ねるとオムツが必要になったりトイレには行けても拭き取りがうまくできなくなる。

など排泄介助が必要になる方もいます。

大人の排泄介助は介護する側にとっても大きな負担になります。

しかし介護脱毛でムダ毛が無くなれば、大幅に負担を軽減できます。

 アンダーヘアに排泄物が絡まらなくなるためスムーズにオムツ交換ができたり、

トイレで排泄した後の拭き取りも容易になります。

介護される側にとっては相手に対する申し訳なさ・恥ずかしさが軽くなるメリットもあります。

肌トラブルの予防になる

介護脱毛は肌トラブルの予防になるにもなります。

オムツ着用での生活になると排泄時にオムツの中で尿や便がアンダーヘア(陰毛)に絡まります。

アンダーヘアにこびりついた汚れは落ちにくく、

何度もゴシゴシ拭くうちに肌が傷つき炎症が起こる恐れがあります。

年齢を重ねると肌の回復力も衰えるので1度肌トラブルを起こすと症状が長引く可能性もあります。

しかし介護脱毛しておけばアンダーヘアに排泄物は絡まらず、

何度もゴシゴシ拭く必要が無くなるので肌トラブルの予防になるのです。

清潔感を保てる

アンダーヘアがあると排泄物の汚れが目視しづらいため、汚れが残りやすくなります。

残った汚れが原因で感染症を引き起こす恐れがある

不衛生な状態がつづくと雑菌が繁殖し臭いの原因になります。

そのため介護脱毛であらかじめアンダーヘアを処理し、

衛生的な状態を保ちやすくしておくのが重要なのです。

また下着の蒸れ・痒みの予防にもなるので自分自身が快適に過ごせるメリットもあります。

デメリット

メリットがとても多い介護脱毛ですがその中でもデメリットもございますので、

ご紹介します。

医療脱毛後は元の毛量に戻せない

医療脱毛は発毛組織を破壊していくので元のアンダーヘアの状態には、

戻せません。いくら自己処理してもムダ毛が生えてくるカミソリや毛抜きと違って、

発毛組織が破壊されたらそこから再度ムダ毛が生えてくることはほぼありません。

そのため「やっぱりアンダーヘアを元のように生やしたい」と思っても戻せないのです。

エーレクリニックではナチュラルな形毛量を減らすなどご自身の目標に合わせて

整える事が可能なので無料カウンセリングの際にご相談ください。

アンダーヘアが「白髪になる前に」

医療脱毛機は毛に含まれる黒い色素(メラニン)に反応する仕組みでムダ毛を脱毛していきます。

しかしメラニン色素の無い白髪はいくら脱毛機をあてても反応しません。

早い方ですと40~50代に入るとアンダーヘアに白髪が生えるようになります。

白髪がまじる前に介護脱毛の必要性に気づけた「今」が介護脱毛の始め時とも言えますね。

もし今白髪が生えていてもその他のムダ毛には反応するので、

ぜひ無料カウンセリングにてご相談させてください。

おすすめ記事