エーレクリニックの
医療脱毛・機械について

医療脱毛とエステ脱毛の違い

「脱毛」の違いわかりますか?

医療脱毛は
医療機関でしか扱えないレーザー脱毛

医療機関でしか取り扱いのできない高出力の医療レーザー脱毛機と使用するため、毛を再生させる細胞破壊することで可能です。
法律上、細胞を破壊する行為は医療の現場でしか認められていません。
そのためエステの光脱毛とは違い「永続的な」脱毛が可能です。
1回の照射でも反応が高く、エステの光脱毛とくらべ施術期間、回数を大幅に短縮することができます。

エステ脱毛は
エステサロンで受ける光(フラッシュ)脱毛

エステでは毛根細胞を破壊できないので、「一時的な」減毛・抑毛に過ぎません。

下記の表にもあるように、効果・安全性ともに医療脱毛の方が優れています。

「脱毛」の違いを表でチェック!

医療脱毛 脱毛方法 エステ脱毛
医療レーザー

医療機関でしか扱えないマシンです。
医師、看護師のみが使用できます。

脱毛機 光(フラッシュ)

資格不要で誰でも使用できます。

医師の問診・診察あり

医師が無料で問診・診察します。

医師の問診 ×不要。

無資格のスタッフのみ対応。

永久脱毛

強い出力が可能なため、毛の元となる箇所の破壊が可能でしっかりと脱毛効果が実感できます。

効果 ×一時的な減毛

毛に与えるダメージが弱いため、一時的な減毛効果しかないです。

部位によっては多少の痛みあり

出力が強いので痛みが伴う部位もあります。
ただし、当院採用の蓄熱式脱毛機は
比較的痛みが少ないです。

痛み 少ない

出力が弱いため痛みも少ないです。

トータル費用は安い

少ない回数で完了するため、トータルでみるとエステ脱毛より安い場合も多いです。

費用 ×トータル費用は高い

回数・期間が多く必要なため、
トータルでみると高くなる場合も。

高い

医師の指導のもと、看護師が施術を行います。
万が一のトラブル時も医師が対応します。

安全性 ×資格なしでも施術が可能

資格が不要のため、
誰でも照射できてしまいます。
万が一のトラブル時も店舗では対応できません。

ソプラノアイスプラチナムについて

医療レーザー脱毛(蓄熱式脱毛®)

ソプラノアイスプラチナム

エーレクリニックは蓄熱式脱毛機の中でも、新世代の医療脱毛レーザーであるソプラノアイス・プラチナム(Soprano Ice Platinum)を採用しております。(米国FDA認可)
蓄熱式脱毛機は近年開発された新しいタイプのマシンで、日本でも数種類の機械が流通しております。
そんな中エーレクリニックで採用しているソプラノアイスプラチナム(Soprano Ice Platinum)は、世界初の技術が搭載された蓄熱式ダイオードレーザーによる医療脱毛機です。
世界で唯一3波長のレーザーを出力できるため、様々なタイプの毛に対応が可能で、効果も優れています。

ソプラノアイスプラチナム

ソプラノアイスプラチナムの特徴

子供でも受けられる痛みのない脱毛

Point01

子供でも受けられる
痛みの少ない脱毛

従来の熱破壊式脱毛機は、一方向に1ショットずつずらしながら打ち、レーザー照射口と冷却口が別々になっていたため、痛みが強く時間もかかりました。

しかし、当院で採用しているソプラノアイスプラチナムは、全体にまんべんなく熱を与えるいわゆる「蒸し焼き」状態にしてバルジ領域を破壊するため、痛みの少ない脱毛です。また、照射ヘッド自体が冷却されているため、照射と同時にクーリングができることも痛みが軽減されている理由です。

安全性も高く、小学生から脱毛が可能となっております。

蓄熱脱毛とは

従来の脱毛方式 (HR モード)

従来のレーザー脱毛では、高出力のレーザーを1ショットずつ照射する方式が用いられてきました。それには、疼痛や熱傷のリスク、色の薄い毛や細い毛が逆に太くなってしまう(硬毛化)などの問題もありました。

従来の脱毛方式 (HR モード)

蓄熱脱毛®方式 (SHR モード)

蓄熱脱毛は、低いエネルギー密度のレーザーを連続で照射することで、毛の根本部分に熱を蓄積させて脱毛する方式です。高出力のレーザーを1発照射するため、毛包周辺の温度が急激に上昇し、強い痛みを伴いました。
しかし当院の蓄熱式脱毛は従来の照射方式(熱破壊式)の半分以下のエネルギー密度で照射するため、照射時の疼痛や熱傷・硬毛化のリスクが大きく抑えられています。
また、低出力のレーザーを1秒間に10発照射するため、毛包周辺の温度が徐々に上昇し、照射時の痛みが大きく抑えられています。

蓄熱脱毛®方式 (SHR モード)

すべての肌・毛の色・毛の太さへ反応する、3波長同時照射

Point02

すべての肌・毛の色・毛の太さへ
反応する3波長同時照射

ソプラノアイスプラチナムのトリオハンドピースは、「3波長レーザー(755nm、810nm、1,064nm)同時照射による蓄熱脱毛」が可能なため、毛根が深い毛から浅い毛までレーザーが届き、様々な深さに毛が生えている部位にもまんべんなく熱が届きます。
そのため、1台で産毛から濃く太い毛まで対応可能です。

また、日焼け肌、敏感肌、ニキビ肌、地黒肌など、様々な肌タイプにも使用できます。

脱毛に効果的な3つの波長

755 nm

メラニンに吸収されやすいため、
深くまで到達しない

arrow

浅い箇所に生える、
薄くて細い毛に効果的

810 nm

メラニン吸収も深達も中間

arrow

日本人向けによく脱毛で
使用される波長

1,064 nm

メラニン吸収率が低く、
深くまで到達

arrow

色黒の肌や日焼け肌、
深くて太い毛に効果的

従来の脱毛方式 (HR モード)

吸光度の異なるレーザー光は、皮下への深達距離も異なります。
当院の蓄熱式脱毛は、深達距離が異なる 3つの波長を同時に照射することで、様々な深さに作用することができます。つまり、深さや太さが異なる毛が混在していても、万遍なく熱が届くため、単一波長より効果的に脱毛できるのです。
755nm(アレキサンドライト)はメラニン吸収率が高く、1,064nm(Ndヤグ)は水分吸収率が高いため、その中間の810nm(ダイオード)と合わせて3波長になったことで、より蓄熱の温度上昇効率が上がり、濃い毛からうぶ毛までより効果的に脱毛が可能です。

副作用が少なく安全性の高い医療脱毛

Point03

副作用が少なく
安全性の高い医療脱毛

当院の蓄熱式脱毛の施術方法は、まずジェルを塗布します。次に単位面積あたりに規定のエネルギー量が加わるまで、ハンドピースを動かしながら塗り絵を塗りつぶようにオーバーラップさせて照射します。
※従来のワンショット式照射も可能です。

従来脱毛との比較

従来のレーザー脱毛

従来のレーザー脱毛

ソプラノアイスプラチナム

ソプラノアイス・プラチナム

従来のレーザー脱毛では、高出力のレーザーを1ショットずつ照射する方式が用いられてきました。それには、疼痛や熱傷のリスク、色の薄い毛や細い毛が逆に太くなってしまう(硬毛化)といった問題もありました。
しかし当院の蓄熱式脱毛は、低フルエンスのレーザーを連続照射することで、皮下に熱を蓄積させて脱毛する方式です。従来の照射方式(HRモード)の半分以下のフルエンスで照射するため、照射時の疼痛や熱傷、硬毛化のリスクが大きく抑えられています。

蓄熱式 熱破壊式
ターゲット
バルジ領域 毛乳頭
痛み
じんわり温かい ゴムで弾かれるような痛み
お肌への安全性
火傷リスクが低い 火傷リスクが高い
波長
複数波長
(当院は世界唯一の3波長)
1つの波長のみ
効果
部位を問わず効果的
太い毛・産毛でもOK
部位や毛の太さによっては
効果が乏しいことも
色黒・アトピー・敏感肌の方
照射OK 色黒はNG、アトピーや敏感肌の方は悪化する可能性も
蓄熱式 熱破壊式
ターゲット バルジ領域 毛乳頭
痛み じんわり温かい ゴムで弾かれるような痛み
お肌への安全性 火傷リスクが低い 火傷リスクが高い
波長 複数波長
(当院は世界唯一の3波長)
1つの波長のみ
効果 部位を問わず効果的
太い毛・産毛でもOK
部位や毛の太さによっては
効果が乏しいことも
色黒・アトピー・敏感肌の方 照射OK 色黒はNG、アトピーや敏感肌の方は悪化する可能性も

医療機器の違い

痛み 敏感肌
(アトピーニキビなど)
産毛 金髪 色黒・地黒肌
ソプラノアイス・プラチナム
少ない
アレキサンドライトレーザー
あり
ヤグレーザー
強い
ダイオードレーザー
あり
吸引式ダイオードレーザー
多少あり
脱毛機種 痛み 敏感肌(アトピーニキビなど) 産毛 金髪 色黒・地黒肌
ソプラノアイス・プラチナム 少ない
アレキサンドライトレーザー あり
ヤグレーザー 強い
ダイオードレーザー あり
吸引式ダイオードレーザー 多少あり

施術時間の大幅な短縮

Point04

施術時間の大幅な短縮

従来の単発型脱毛のヘッド部分は、肌に対して直角にヘッドを当て、一方向に1ショットずつずらしながら打つため、時間がかかっていました。
蓄熱脱毛®のソプラノアイスプラチナムの照射ヘッドは、冷却口と照射口が一体型の構造になっており、連続したスピーディーな照射が可能です。

料金プラン

よくあるご質問

お問い合わせ

TEL0120-800-473

【診療時間】平日 11:00~21:00 / 土日祝日 10:00~20:00
※臨時休診日を除く